被害拡大!身代金要求ウイルスに注意

2016.03.26

ランサムウェア被害

身近なところで被害が拡大してきましたので注意喚起する為に投稿します。

最近流行しているマルウェアがランサムウェア(Ransomeware)といわれる「身代金要求型不正プログラム」です。

ウィルス感染経路

ランサムウェアの感染経路

ランサムウェアはメールに添付されたファイルをクリックして実行したり、改ざんされたウェブサイトを表示することで感染します。

メールに添付された.zipと拡張子のついた圧縮ファイルや、.exeなどの実行ファイルはもちろんのこと、ファイル形式を偽装している場合も有るので身に覚えのない送信者や添付ファイルは安易にクリックしないこと。

感染ファイルが開けない

感染するとパソコンに「暗号化しました」というメッセージが表示され、ワードやエクセル、写真、動画などほとんどのデータが開けなくなります。

暗号化されてしまったデータは、簡単には復号、復元することはできません。ウィルス対策ソフトでも一度暗号化されたファイルは元どおりにできないのです。

bitcoinで身代金を支払え

そして画面上に、ランサムウェアの語源である身代金(Ransom)を要求するメッセージが表示されます。

ビットコインでお金を支払うことで暗号化されたファイルを復号できる可能性もありますが、ほとんどの場合お金を支払ってもファイルが元に戻ることは無くそのまま放置されてしまうようです。

けっして安易に送金してはいけません。

こうなってしまったら、ほぼ失われたデータを元に戻すことができない恐ろしいウィルス(マルウェア)が現在流行しています。

ランサムウェアへの対策は?

・セキュリティーソフトをインストールし最新の状態にする。
・WindowsなどOSやソフトウェアを最新の状態にする。
・定期的にデータをバックアップする。

ランサムウェア対策のデータのバックアップですが、パソコン内部や接続された状態のメモリーやハードディスクへのバックアップでは感染してしまうので意味がありません。定期的にバックアップしたデータはパソコンにもネットワークにも接続しない状態で保存しておく必要があります。

※ここで解説しているランサムウェアはCryptoWall 3.0の情報にもとづき2016年3月現在の投稿です。悪意のあるソフトウェアは日々進化しています。詳しくはインターネットセキュリティの専門業者や業界団体の最新の情報をご覧下さい。

トップへ戻るボタン