小樽商科大学マジプロ2016wへ行ってきました。

2016.01.30
小樽商科大学マジプロ
2016年1月30日
こんにちは、K2代表の中山です。
小樽商科大学の社会連携実践
商大生が小樽の活性化について本気で考えるプロジェクト(通称:マジプロ)」の演習にいってきました。
 
学生たちが、小樽の街中で実際に事業者や市民と関わりプロジェクトを実践する。
自らの社会人基礎力を養ってもらい、さらには小樽の抱える様々な課題に取り組む、れっきとした授業です。
 
私は、これから始まる多くのプロジェクトの中から「商店街活性化プロジェクト」「ヘルスツーリズム推進プロジェクト」の二つのプロジェクトにてアドバイザーを務める事となりました。
これから約半年間、小樽の人と学生たちがどのように関わり、どのように変わっていくのかとても楽しみです。
 
「学生がたった半年で小樽の課題を解決できるわけがない。」
「学生がそんな簡単に街に賑わいを作れるはずがない。」
 
外部からは、そんな声も聞こえてきそうです。
ごもっとも。
 
しかし2009年から始まったマジプロは今年で8年目、このプロジェクトを通じて小樽の街を深く知り、小樽の人と出会い、大学を卒業した今も小樽を愛し応援してくれている彼らの存在は、この街にとって貴重な財産のひとつです。
 
私が担当するプロジェクトメンバーは全員1年生、まだまだ未熟な学生たちかもしれませんが、このプロジェクトを通じて未来の小樽の発展につながるアイディアがひとつでも生まれたら素晴らしいことだと思いませんか。
本気(マジ)で、実践してくれる彼らに期待しています。
トップへ戻るボタン